上場企業への面接は常に落選でした

上場企業で1次面接したあと、採否は後日ですが、連絡がありません。それにて、また次の求人を探すはめになります。そういう繰り返しになると選考に参加するのが気乗りしなくなり、体力的にも疲れてきます。

 

ほかにも上場企業で1次面接をしていますが、いずれもことごとく1次面接から進めないような感じで、採用者の感覚が疑われるところもあります。採用者らはいったい何者なのかというのが一向に掴ませんし、性質もドライでいかにも会社員という人たちが揃っています。温かみがない、そういう人事がたくさんありました。

 

上場企業の場合、全国的に展開している企業が多いため支店での面接となり、出張して説明会や面接をしているような人事が多いようでした。

 

応募者らを見た感じで、若々しくりりしい人材や、話が巧みな人材がいたりしますが、それらと肩を並べてどんどんがっつかないとなかなか採用にならないような感じがしました。