私は正社員での転職した経験が2回あります。2度とも、同じ業界への転職でした。

 

正直、引き抜きに近い感じの転職だったので、前職よりも給料面は確実にアップしていましたし、こちらの細かい条件も通しての転職でした。

 

待遇面などは、自分でしっかりと意思を通したので、2回とも全く問題ありませんでしたが、実際に新しい会社に入ってみると、外から見えていたのとは全然違うことも多々ありました。

 

2社とも、最初に正社員として働いていた会社に比べて、組織面や他の社員のレベルが低くて、正直がっかりしました。自分では、自分の能力を評価してくれた会社でレベルの高い他の社員と頑張って行こうと勝手に考えていましたが、入社してみると、期待とは遠い感じのレベルでした。

 

給料面などは問題なくても、毎日の仕事に対する姿勢や情熱などが、周りの正社員に欠落していると、それも困ります。どうしても無い物ねだりになっていまいますが、外から良く見える会社でも、実際には自分と合うかどうかは、わかりません。

 

正社員になる価値

 正社員になる為に転職をすると言う事をなんらかのメリットがあってするのだと思うので、その事自体については否定する気はないです。今、正社員になるには中途採用されるか、学生が新卒で採用される意外に上場企業では難しいです。自分の行きたい会社がありどうしても思うのであれば良い事だと思いますが、給与とか安定を求めるのであれば、愚行だと思います。
 10年前に一流と言われた会社、人気のあった会社の今はどうでしょう。行きたい会社よりはやりたい仕事だとすれば会社にこだわる必要もなく、雇用形態にこだわる必要もありません。
 正社員になり、退職して老後をゆっくりと暮らすスキームはすでに崩壊し、公務員でも今後はどうなるかと思われる時代にかだわる価値は存在しないと思います。何か個人的にどうしてもその会社の正社員として働きたいという理由が無い限りは。おそらくは大半はないと思います。やりたい仕事なら形にはこだわらないはずですし、前述したような過去のスキームが目当てなら、全くもってセンスのない話です。
 転職しようと思い決意したのなら、自分の人生を変える転職、自分が自分に対して正社員になれば良いと思います。

 

転職するなら、正社員?それとも?

正社員以外の働き方には、契約社員、派遣社員、アルバイトなどがありますが、まとめて日正規雇用と呼ばれることが多いです。自分にあった働き方ならどれでも良いではないかと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、なれるものなら正社員に転職することをわたしはお勧めします。正社員と非正規社員になること、一体なにが違うかというと、会社があなたを雇う時の意識です。正社員は雇用の期限などもなく、滅多なことでクビにはできません。

 

お金と時間を掛けてあなたを育てるつもりであなたを雇っているので、給料や福利厚生も非正規社員よりも恵まれているはずです。逆に、非正規雇用社員のことは一時的に仲間に入っただけで、一時的な人材であると捉えています。だから長く働いて正社員より能力もあったとしても、安い賃金のままなのです。また、会社の経営状況によってはいつでもクビにすることが可能です。

 

以上の点から、正社員への道を探すべきであると私は考えています。
参考サイト→正社員転職エージェントおすすめランキング

転職で後悔しない為に

転職してもっと自分に合った仕事を見つけたい。転職してもっと収入の多い仕事をしたい。今の仕事に嫌気がさし、転職してガラッと人生を変えたい。そんな動機から転職活動をする方はたくさんいらっしゃいます。しかし安易な転職はリスクも多いものです。

 

転職先の仕事が本当に自分に合う仕事なのか。転職先の給料は本当に今の収入よりも高いのか。会社の雰囲気や就業実態など、入ってみなければわからない事もたくさんあるのです。転職活動には大きなストレスと、大きな労力、更には今後の人生がかかりますから、安易な失敗はできません。多大な時間をかけて選んだ次の職場が地獄だった。

 

そんな事になれば目も当てられません。転職で失敗しない為にまずはしっかりとリスクについても考慮する必要があります。

 

しかしだからと言って、慎重になりすぎるのも考え物です。今の仕事に何らかの問題があるからこそ転職を望むのですから、そのような環境で葛藤を抱えながらずるずると時間だけが過ぎていくのは、人生の無駄遣いと言うものです。多くの時間を無為に過ごし、後悔する事になればそれは取り返しがつきません。決める時は決めなければならないのです。

 

職選びは今後の人生を決める選択でもあります。決して妥協は許されません。転職で後悔しない為に、選択は慎重に。決定は大胆に。転職の後悔は人生の後悔となります。転職するにせよ、しないにせよ、自分にとって最良の選択を心がけたいものです。

 

辛い事に出会うとブラック企業と決めつけて即転職と考えていませんか

最近、ブラック企業と言うのがよく話題に上ります。このブラック企業と言うのは、労基法に違反していたり、賃金や残業代を適切に支払わない等と言った事より、本来はIT企業などで過酷な残業を課し、若者を使い捨てにする企業を指していました。

 

法律違反を平気で行うような企業は論外ですし、過酷な残業などを課されてうつ病になる様な本当のブラック企業なら、そんな企業はさっさと辞めて転職を考えるべきでしょう。

 

しかし、どんな企業やどんな仕事にも辛い事もあるもので、そんな僅かな辛さを感じた事をもってブラック企業だと決めつけていないかは、十分に考える必要があります。
大卒の30%が3年以内に転職を経験する時代で、1つの会社に生涯務める事が美徳ではない時代です。しかし、少しの辛さでこの会社はブラック企業だと決めつけ、次々転職を繰り返す様では、スキルアップを図り、社会人として力を付けて行く事もできません。

 

転職を考える時には、適切な相談相手に相談したり、自分自身で今の会社の不満点を整理し、転職が自分にとって幸せな結果をもたらす様に十分に考えて行動する事が求められます。

 

ママに優しい企業が分からない。

私は3人の子どもがいます。子どもが保育園に行くことになり、5年ぶりに働きに出ることになりました。

 

最初は家から近いコンビニへ就職しました。しかし、コンビニは大体2人でシフトに入るので、保育園から子どもが熱を出したからお迎えに来てくださいと連絡がくると、代わりの人がいなくて大変困りました。両親も働いているため、そんな時に助けてくれる人もいません。やはり続かず、すぐに辞めてしまいました。一体、どんな所に勤めたら、子どもが辛い時すぐお迎えに行ってあげられるのか、子どもの行事で休みが欲しいと言っても嫌な顔されないのか・・・

 

求人票を見ても、なかなか小さなお子様いても大丈夫?なんて書いていないし、結局入社してみないとどんな会社なのかも分からないので就職をためらっています。

 

そんな何度も転職なんてしたく無いため、なかなか次の仕事に踏み込めません。最近、ママのためのサイトが出来たと聞き、ホームページの求人の欄を見ましたが、1社しか載っていませんでした。

 

もっと、ママも安心して働ける企業の探し方が出来る方法が知りたいです。やはり、小さな子どもがいると働いたらいけないのでしょうか?そんなことばっかり思ってしまいます。

 

困難を極める現代の転職

 昔の好景気だった時代は「転職したい」と希望をすればいくらでもできたのかもしれませんが、今の時代にそんな甘い考えは通用しません。正社員の既得権益というわけではありませんが、新しい社員を受け入れるということは、受け入れる側にもそれ相応のリスクがあるため、そう簡単に転職を受け入れる状態ではないのです。

 

 ですので、転職の希望をするときには入念な準備が必要になります。自分が持っているスキルをアピールするための履歴書や、今までの実績を示すための職務経歴書、面接での対応のしかたなどを万全の態勢にしなければ、転職の関門を潜り抜けることはできないと思っています。

 

 最近では、そういった転職希望の人をサポートするための転職エージェントなる会社もあるとのことで、普通の個人が転職を行うのがいかに困難かを如実にあらわしていると思います。

 

 これからはさらにその傾向は強まると考えていますが、転職をするときはしっかりと準備したいと思っています。